おもちゃ|職人こだわりのおもちゃで遊ぶ「ぎふ木遊館」|岐阜市おもちゃ|職人こだわりのおもちゃで遊ぶ「ぎふ木遊館」|岐阜市 スマートフォンサイト

メニュー閉じる

toy

親と子の絆を深める、
ぎふ木遊館のおもちゃたち

ぎふ木遊館では、岐阜県出身の作家が県産材を使用して
作られたおもちゃを多数取り揃えています。

その他にも子どもの成長を支えるだけでなく、
親子のコミュニケーションを育む100点以上の
良質な木のおもちゃを用意しています。

新しいおもちゃの仲間は、これからも少しずつ増えて行く予定です。
来館するたびに新しい発見があるでしょう。

toy-img01

ぎふのおもちゃ作家の紹介 Writer introduction

omocha01

永堀知鶴

飛騨市生まれ。名古屋のデザイン専門学校でプロダクトデザインを学ぶ。卒業後、飛騨に戻り家具工房で設計を担当。木工の訓練校に入学後、家具メーカーやおもちゃの工房に勤務。2014年に開催した個展をきっかけに「ruru made」として作家活動をスタート。

代表的な作品

ひなちゃんのマラカス

omocha02

横井敦史

愛知県出身。建築学科を卒業後、岐阜県立森林文化アカデミーで木工を学ぶ。木製玩具の開発・製造・販売に携わり、2016年に独立後、「アトリエきのこ」を設立。玩具製作を中心に特注家具やワークショップ教材の製作を行う。

代表的な作品

ばらんすぼーる

omocha03

加賀友博・加賀千珠子

加賀友博 名古屋市出身。ビジュアルデザインを学んだ後、化粧品会社のデザイン部門に勤務。退社後、技能専門校で木工を学び、1989年に「木工工房異紗」を設立。現在は養老郡に夫婦でアトリエを構える。

加賀千珠子 富山市出身。デザイン科に在学中から村山明氏(’03重要無形文化財認定)を師事し木工を学ぶ。世界木のクラフト展林野庁長官賞をはじめ、多数の受賞歴誇る。

代表的な作品

イプブロック

omocha04

上野望

高山市出身。学校教員を経て、30歳を境に父親と同じ木工の世界へ足を踏み入れる。白百合工房の2代目として、伝統工法にもとづき、無垢材にこだわった注文家具・クラフト・おもちゃを製作している。

代表的な作品

TSUMIBOBO(つみぼぼ)

omocha05

村瀬将司

岐阜県出身。24歳からイタリア・パルマに留学し、Stefano Berni氏に師事。帰国後、建築設計事務所に勤務しオーダーキッチン設計を中心に携わる。2013年にデザインスタジオ「SQUADRA MURASE &CO.」を設立。「地球がつながるデザイン」をモットーに知育玩具を手がける。

代表的な作品

ジオブロック

omocha06

平木寛

木工の技を極めようと森林文化アカデミーに入学、森や木に関わる多くを学ぶ。木の枝の自然な形と、繊細で強靭な性質に魅せられ、美濃ヒノキの枝を主材料にした手づくり家具を制作する。 手づくり家具工房「Slow WOOD CREATE」を主宰。

代表的な作品

K・Kブロック

ぎふの木のおもちゃ GIFU WOODEN TOYS

岐阜県は昔から「木の国・山の国」と呼ばれ、豊富な森林資源を背景に、木材産業が盛んです。
そういった豊かな自然から生み出された、ぎふの木のおもちゃは、
地域の伝統文化や木の手触りが魅力で、小さなお子さんからおとなまで夢中になれる商品が揃っています。

22 森の響-min
つむちゃん
まあるいつみきmini
01 おはしDEStudy-min
05 ドミノ-min
15 森の合唱団-min
b23 ころころつみき-min
b13 バランスレール-min
b14 木馬育-min
20 ひだの木のTETRIS-min
12 つみマスくみマス-min
c09 バスに乗って-min